シアリスはED治療以外にも前立腺肥大症にも効果があります。

サイトマップ

シアリス道場前立腺

  1. TOPページ>
  2. 前立腺肥大症治療に?

前立腺肥大症治療


世界三大ED治療薬の中のシアリスにはED治療薬の優れた効果(持続力)の他に、もうひとつの効果があると医学者などから証明されているのだ。そのもう一つの効果とか『前立腺肥大症』に伴う排尿障害の治療薬としても効果を示すのだ。この効果がどういう仕組みなのかを説明しよう。

まず、『バイアグラ』『レビトラ』『シアリス』などのED治療薬は、全てPDE5阻害薬と呼ばれているのを知っている人はいるだろう。サイクリックGMPという血管拡張をする時に必ず必要な物質が存在している。PDE5(ホスホジステラーゼ)という酵素がこのサイクリックGMPを分解してしまうのだ。
『バイアグラ』『レビトラ』『シアリス』は、このPDE5の動きを阻害することで血管を拡張させ、陰茎海綿体への血流を促すことでEDの改善に効果があるのだ。では、なぜシアリスなどのタダラフィルを有効成分とする薬が前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬になるのだろうか? 前立腺肥大症

前立腺とは膀胱の下部周辺にある臓器で、尿道を取り囲むような位置に存在するのだ。この前立腺が肥大することで尿道が圧迫され『尿の排出を出ずらくなる』という現象が起き、排尿後に残尿感を感じるといった
『頻尿』という症状が現れるのだ。こうした排尿障害をともなった、所謂、前立腺肥大症には、治療が必要になってくる。

立腺肥大症の治療には 基本的にザルティアという医薬品が使われるのだが、これは前立腺や尿道の平滑筋に作用し、圧迫された尿道をゆるめることで残尿感や頻尿の症状を改善するという効果のある薬なのだ。
実は、この前立腺や尿道の平滑筋にもPDE5(ホスホジステラーゼ)が多く存在しているのだ。

PDE5を阻害すればサイクリックGMPの分解を抑制できる、平滑筋が弛緩する。というように、収縮した血管を拡張して血流を促すことで、圧迫された尿道を弛めて排尿しやすい状態を作るというわけなのだ。
こうした仕組みで効果があるということなのだ。シアリス(タダラフィル)が前立腺肥大症に有効なこともうなずける。

前立腺肥大症の治療にはタダラフィル

上でも書いているが、前立腺肥大症の治療には主にザルティアという医薬品が使われる。このザルティアの主成分はシアリスの主成分と同じタダラフィルになる。だからシアリスが前立腺肥大症の治療にも有効だということだ。

ではなぜ、同じ成分を使っている医薬品なのに商品名を分けているのか?
というところが疑問になる人も多いと思うが、この理由は同じ成分を使う医薬品でも保険診療薬と保険診療外薬の二面性を持っているからに他ならない。
つまり、前立腺肥大症の治療としての医薬品が保険適用外の シアリスと言う名前では都合が悪く、やむを得ず名称を変更して名前を変えて別の薬として認可を受けざるを得なかった事情があるということなのだ。

シアリス

ちなみに米国では、市販の薬や処方薬剤の全てを自費で購入しなければならない、国内のように医薬品を保険適用内と保険適用外というように分けると言うことはないのだ。
このため、米国ではシアリスが普通に前立腺治療に使われているということになるのだ。だが、シアリスをED治療薬として愛用している人はこのことを変に理解する人もいるらしいぞ。 前立腺肥大として診断してもらい同じ成分の ザルティアを安く入手してED治療薬として利用することができると考える人もいるらしい。

このような考えを持った人が出てくるというのは想定内だったのだろう。ただ医療機関で処方する医療用薬剤として制限したり、医師の処方を監視したりするなどを設けてくる可能性が高くなるのは間違いないだろう。
逆に、国内でも 前立腺の肥大症を治すという目的でシアリスを使うことも可能だとは思うが、ただ単に値段が高くなるだけなので普通にシアリスを処方してもらうほうが安上がりという分けなのだ。こう考えると、日本も上手に規制をしていることが分かると思う。

これをまとめると、単純にシアリスは米国では前立腺肥大の治療薬として認められた医薬品で、ED治療と同時に前立腺肥大を治す事も出来るということだ。前立腺肥大症の症状がある方がシアリスを購入しても治療する事ができるというわけだ。

前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症とは、40代〜50代の男性のうち大体半数以上の人が何かしらの症状で悩むと言われている排尿困難を発症させる可能性のある病気なのだ。前立腺肥大症になると、尿道を囲む位置にある前立腺が加齢などの理由で膨らみ尿道を圧迫する事で尿道を閉鎖したり、排尿を困難にしたりするのだ。
50歳を過ぎた人の約半数以上の人が、症状のあるなしに関わらず 前立腺が肥大していく傾向があると言われているのだ。

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症の症状は、尿線が細くなったり、尿が少しずつしか出ないというもの、ようは最後の切れが悪くなるということだ。残尿管が残り、トイレに行ったばかりなのにまた行きたくなる頻尿などが上げられるらしいぞ。最悪の場合には尿道閉鎖から、腎臓障害につながる場合もあるから、決して軽く考えてはダメだということだ。

シアリスを通販

▲TOP