シアリスジェネリックであるタダシップの情報をまとめています。

サイトマップ

シアリス道場タダシップ

  1. TOPページ>
  2. ジェネリックタダシップ

タダシップ


食事について

シアリスジェネリック医薬品《タダシップ》
まず、食事療法として、 元気のない男性の性機能改善には「ニンニク料理」が最も効果的と言う説がある。
基本、ニンニクは栄養素が豊富な食材でもあり、その効果は未知数なだけに、精力向上効果な上に男達のコンプレックスに大いにサポートをしてくれるとされている。
その一方で、独特の風味や匂いなどが強い事で、正直毎晩食べ続けるのはキツイ面があるのも欠点となる。

更に、毎日ニンニクを摂取していれば、体臭の面でもやや心配要素もあり、パートナーにも口臭や体臭を気にされないように気を配らなくてはならない欠点などもある。
このように、 食事療法などでセックスレスや勃起不全を対策をしていくのも良い案だと言えるが、そればかりではデメリットも生じてしまう。

シアリスの登場 また、栄養素が多い根菜などは、比較的値段も高く、経済的なリスクや、毎日の炊事といった手間がかかり、その対策を維持していくのにもかなりの労力とリスクが伴ってくる。
こうした対策にデメリットを感じたら、別の対策として選択肢を変えてみる事をオススメしたい。
ここで言いたいのが、 治療薬における勃起不全改善方法である。ここで、当サイトで散々書き殴り、説明しているED治療薬
「シアリス」の登場とも言えるだろう。
しかし、世の男性達の強い味方のこの「シアリス」ではあるが、シアリスは前途にも述べているように「新薬(先発薬)」でもあり、その値段は正直安くないのが正直なところだ。

全世界で見れば、その知名度や人気は、あの「バイアグラ」も凌ぐほどの支持率がある。
しかし、費用対効果などを考えると、そのコストは高めで、1錠あたりの平均価格が「2000円」というかなりの高コストとされる。
このような医薬品を用いる場合は、異性が関係してくるため、デート代、ホテル代、食事代、その他諸々と薬以外のコストものしかかってくるのも事実だ。経済的に余裕がなければ、容易いなことではないであろう。

タダシップの特徴

ここで紹介するのがシアリスの後発薬である「タダシップ」の登場である。このジェネリックである「タダシップ」は、言わば「持続性&費用対効果」の二面性にとても優れた治療薬とも言えるだろう。

タダシップ看板

その含有している有効成分はシアリス同様の「タダラフィル」になり、服用してからの効果が1日以上持続すると言う特徴がある。現在、既存しているED治療薬の中ではこのシアリスやシアリス系の治療薬が「効果時間」としては最強とも言える。

基本、バイアグラやレビトラ、またはその2つの系統でもあるジェネリック医薬品の持続時間はおおよそ4時間〜5時間というレベルに対して、シアリス系である「タダシップ」は最長で36時間を誇るのである

また、平均でも24時間〜30時間の作用が期待できるとされているのだ。
この特徴とも言える持続時間の長さは、 コストパフォーマンス(費用対効果)にも多大なる強い味方にもなってくれるはずだ。個人差にはよるが、最大36時間、足掛け3日のサポートが得られるとされているので、約3日分の薬代が得する事になる。

更に、この「タダシップ」は先発薬の「シアリス」のジェネリック医薬品になるので、その値段が驚くほどに安い!シアリスの1錠単価は「1500円〜2000円」程度に対して、タダシップの1錠単価は「最安値で160円〜最大で400円」といった相場になっている。

これは、シアリスの1錠単価の1/10以下から高くても半額以下の値段設定とされているのだ。
このようにジェネリック医薬品の普及は、圧迫させる医療費までもサポートするメリットがある。
今までのように「ED治療薬=高値」といった概念を壊してくれる強い味方である。
「タダシップ」を使用する事により、パートナーとの営みに対する費用までも面倒をしてくれる訳なのだ!

タダシップ製造元の「シプラ社」とは?

また、この「タダシップ」の製造元でもあるインドの製薬会社「シプラ社」は、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く製薬会社であり、何と!設立が1935年であり、現在(2016年)から算用していくと、80年以上も続いている信用ある製薬会社でもある。更に、インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとしてその名も知られている。タダシップ製造元の「シプラ社」また、国外では発展途上国などに向けてHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られるのだ!

主な取り扱い医薬品は以下のとおりである 処方薬、一般医薬品、抗生物質、抗がん剤、抗エイズ剤、糖尿病薬、関節炎薬、心疾患薬、喘息薬など

他には動物用ヘルスケア用品などを製造しており、そのシェアは北米、南米、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界150カ国に輸出しているのである。製薬施設は世界10カ国に存在し、各国の許認可機関に承認されている実績もある、信頼性とても高い製薬会社である。

ここで余談になってしまうが、この「タダシップ」の名前の由来は、シアリスの主成分でもある「タダラフィル」とタダシップの製造を手掛ける「シプラ社」を組み合わせたネームヒストリーである。
「タダラフィル」の「タダ」+「シプラ社」の「シプ」=「タダシップ」
単純ではあるが、中々のネームセンスである。
日本で言うところの、父親と母親の名前を掛けあわせた子供の名前と言ったところだろうか。
是非、この「タダシップ」を検討して活用してもらいたものである。

シアリスジェネリック「フォーゼスト」

シアリスを通販

▲TOP