シアリスのジェネリック医薬品について調べた情報をまとめています。

サイトマップ

シアリス道場ジェネリック

  1. TOPページ>
  2. シアリスジェネリックとは

ジェネリックとは


世界で販売される全てのED治療薬には新薬(先発医薬品)と呼ばれる『バイアグラ』『レビトラ』『シアリス』と言った医薬品とジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼ばれる医薬品がある。まず、ジェネリック医薬品とはどういうものなのかを説明しよう。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品(最初に開発された医薬品)の特許期間(医薬品特許期間は20年)が満了すると、他の製薬会社が先発医薬品と同じ有効成分を使って同じ効果のものを違う商標でパッケージなどを変えて製造することができるのだ。こうして生まれる医薬品がジェネリック医薬品になる。

特許

また、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分を使うので当然、先発医薬品と全く同じ効果効能がある。
さらにジェネリックの 一番の魅力は販売価格が安いというところだ。なぜ価格が安いのかというと、新薬のように一から薬の開発を行わずに新薬と同じ工程で作れるからだ。
こうなると、先発医薬品の開発者からすると簡単に言えば同じ効果のある商品を安く販売されては自社の医薬品が売れにくくなる。なので特許期間は延長することが可能となっている。

レビトラやシアリスは特許期間がまだまだ残っているが、バイアグラの特許期間が満了すると言われているので延長するだろうと言われている。では何故、バイアグラ、レビトラ、シアリスの特許期間が終わっていないのにED治療薬のジェネリックが出回っているのか?

これは別に偽造品というわけではないのだ。現在、ED治療薬のジェネリックは色んな種類のものがあるが、これは全てインドの大手製薬会社が製造と販売を行っている。なぜなら、インドの法律上では商標名や製造方法のみ特許は取れるが成分の特許が取れないからなのだ。なので、医薬品を製造する方法がわかれば同じ成分を使ったジェネリック医薬品を開発することができるということなのだ。

この法律に対して先発医薬品の開発メーカーはクレームなどを改善するように要望を出しているが受理されないという。この理由は、インドのジェネリック医薬品があることで他の発展途上国の多くの命が助かっているからなのだ。こういう理由でインドのジェネリックは世界に広まっているということだ。だからED治療薬もジェネリックは合法になるので偽物でも偽造品でもない。

国内でもインドの医薬品はあまり見かけないだろう。ドラッグストアなどにも置いていないし、まだ馴染みの薄いものだと思う。 だが、インドは経済が急成長しており、医学のレベルは世界トップクラスと言われている。国内やアメリカの医師が難しい治療手術をインドに出向いて覚えたり患者が出向いて治療を行う人がいるくらい素晴らしいものなのだ。 当然、それに伴う医薬品の開発レベルも非常に高く、ジェネリック医薬品の多くがインド製だからといって、不安になる必要は全くないということだ。

製造方法も成分も安全に作られているから利用者からすると安価で安心して使うことができることから利用者にとってはメリットしかないというわけだ。新薬の開発社メーカーからすると納得できないことだと思うが...
ジェネリック一覧 こうしてシアリスのジェネリック医薬品である、
『シルダリスト』タダシップ
フォーゼスト』『メガリス
タダライズ』『アプカリスSXオーラルゼリー
パルモプレス』『タダポックス
タダグラソフト』『タダリフト
スーパータダライズ』『ビダリスタ
タドラ』『タドリス
と言ったジェネリック医薬品が販売されているのだ。

しかも、この商品にはEDに効くものや早漏に効くものなど色々な効果があり、これが全て新薬の1/3程の値段で購入できるのだ。この販売価格の安さが、ジェネリックの最大のメリットになる。だが、まだまだ国内では認知度も普及率もなく知らない人の方が多いだろう。ジェネリック医薬品の先進国である欧米では、ほとんどの人がジェネリック医薬品を使っていると言われるほど人気がある。米国ではジェネリックのシェアが71%、欧州などのイギリスやドイツでは60%を占めていると言われているほどだ。

この中の欧米は、日本の上を行く医療先進国では、医療費が年々増加していることが深刻な問題となっており、国の予算を圧迫し始めたと言われてる。この状態を打開するために1990年代後半から様々な制度を策定し、医療費の負担を抑えるためにジェネリック医薬品の使用を国を挙げ進めてきたのだ。こうして10年以上の時間をかけて徐々に認知度を広め、現在では71%とというシェアを占めるように至ったのだ。

医療機関などで処方してもらう薬では、患者が自分の意志で先発医薬品かジェネリック医薬品か決めれる代替調剤という制度は米国で広く普及しているらしい。これは2008年から国内でも取り入れ、ジェネリック医薬品の普及のきっかけとなった制度になってるのだ。
フランスやオランダなどの欧州でもこの代替調剤制度が主流となっており、やはりその理由は価格の安さからジェネリック医薬品を選ぶ人が多くなっているということだ。

シアリスを通販

▲TOP