シアリスジェネリックのフォーゼストについて効果などの情報をまとめています。

サイトマップ

シアリス道場フォーゼスト

  1. TOPページ>
  2. ジェネリックフォーゼスト

フォーゼストとは?


フォーゼストの勃起を助けるメカニズム

先発薬である「シアリス」の後発薬(ジェネリック医薬品)として「フォーゼスト」がある。
この「フォーゼスト」は先発薬のシアリス同様、有効成分は「タダラフィル(Tadalafil)」になる。
シアリスの別名でもあるこの「タダラフィル」がどのような効果効能を男性器にもたらせてくれるのかを説明するとしよう。

まずはじめに、男性が性的な興奮や刺激を受けると、脳内伝達神経物質である「セロトニン」が放出をする。
そして男性器の血管の内壁から「一酸化窒素」を放出して、男性器の「陰茎海綿体」に大量の血液流し込むことにより「勃起」が実現するのだ。
少し、専門的な説明なので一般的にはわかりづらいと思うが、簡単に言うとこのようになる。

其の一
男がエロい刺激を受けるとそれが脳に送られる。
其の二
体内で副交感神経が勃起中枢と言われるところから勃起の指示をしていく。
其の三
陰茎内部で一酸化窒素が放出され、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が体内で作り出される。
其の四
環状グアノシン一リン酸により血流が促され、陰茎海綿体に大量の血液が送り込まれ、勃起をする。

上記が正常な男性の勃起の仕組みである。

しかし、この1〜4のどこかにトラブルがあると勃起は起こらないのである。 あるいは、勃起してもその状態を保つことが難しく、萎えてしまうのである。 特に、勃起不全で悩んでいる男性諸君は、この其の三と其の四に問題がある人が多いとされる。

フォーゼスト看板

ここで「ファーゼスト」の出番となるわけだ。 まず上記でも記した通り、勃起をするには陰茎海綿体に血液を送り込むために必要な血流を促す役目を担う「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が必要とされるのだだが、実は陰茎内部には大敵が居るのだ。それは「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という逆酸素になる。 この「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」は血流を促す「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を分解してしまうと言う阻害酸素になるのだ。

そしてこの「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」は男であれば誰のの陰茎内部にも存在しる。 しかし、「動脈硬化」などで陰茎内部の血管に問題がある場合は、一酸化窒素の放出量が激減しているため、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が作り出される量も少なくなってしまう。

特にも問題が無ければ十分な量の「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が作り出されているから、多少の「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」によって「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が分解されても特に支障はない。 しかし、動脈硬化などによって一酸化窒素の放出量が少ないことにより「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が少量しか作り出されないために、その大半が「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」によって分解されてしまうのだ。 この事により、陰茎海綿体に流れ込む血液が減少してしまい、勃起をしない、または勃起しても硬くならないなどの症状が引き起こされる。

この「フォーゼスト」の有効成分「タダラフィル(Tadalafil)」は、この「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を分解してしまう逆酸素「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」を阻害していくのだ。 この効果により「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」の生産量が少くなくても「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」によっての分解を阻止できるので、多少時間が経過すれば、陰茎内部に徐々に溜まった「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」の働きで血流が促され勃起を可能にするのだ。

開発・製造

「ランバクシー(Ranbaxy Limited)」は、インドのグルガーオンに拠点を置く製薬会社である。
元々は1937年に日本の塩野義製薬の代理店として事業が開始されて、1961年に製薬会社になった。
世界7カ国に工場を持ち125カ国以上が取引先となり、インドでは大手の製薬会社に発展したのである。

その後、1973年に株式上場して、2008年に日本の「第一三共」によって「46億(USドル)」で買収され今に至る。ランバクシー社の企業理念として「品質と患者第一」を掲げている点から、品質に対する志しの高さが伺える。

シアリスジェネリック「メガリス」

シアリスを通販

▲TOP